menu

不倫から抜け出す方法

30歳以上の男性が不倫をすると命を落とす危険性がある?!

30歳以上の男性が不倫をすると命を落とす危険性がある

あなたは、今、不倫をしていますか?

若い女性と不貞行為に明け暮れているなら、今すぐ不倫から足を洗ったほうが賢明かもしれません。

その不倫が単なる遊びで、妻と離婚するつもりが一切ないなら、なおさら不倫は今すぐやめるべきでしょう。

なぜなら、不倫によって最も悲しく恥ずかしい結末を迎える危険性があるからです。

不倫セックス中に命を落とす危険って?

妻に不倫がバレていないから大丈夫と思って、安易に不貞行為を続けていたりはしないでしょうか。

男性が30代、40代と年齢を重ねていくと、不倫によってある危険度が高まっている可能性があります。

不倫で起こる危険は多数あるでしょうが、中でも恐ろしい事が命の危険なのだそうです。

何と不倫相手との行為の最中に命を落とす危険性があるというから、これはただ事ではありませんよね。

万が一の事態が起こった場合、すぐさま妻のもとに連絡が入って、命を落とした状況から不倫相手の素性まで全てが明らかになります。

もう死んでしまったのなら関係ないじゃないか、と思う人もいるかも知れませんが、それだけでは済まない現実もあるのです。

何しろ、妻だけでなく多くの人に「あの人は不倫相手とのセックス中に・・・」などといった情報が流れてしまうのですから関係ないとは言っていられません。

本当にそんな事で、大切な自分の人生を終えていいのでしょうか。

心臓発作は不倫セックス中に起こりやすい?

最近、世間の注目を集めているのが、某大学によるある調査の結果です。

その調査とは、不倫中の男性の体に起こる心臓発作のリスクに関するものです。

調査によると、男性は妻と一緒にいるときよりも不倫相手と一緒にいるときのほうが心臓へのリスクが高まって死亡事故が起こりやすいという結果が出ているとのことです。

不倫相手と一緒に過ごしている男性の死亡事故の発生件数が多いというのは事実だそうで、中でも心臓に対するリスクが大きく、不倫相手が若ければ若いほど心臓不良や突然死になるという状況が数多く確認されています。

不倫中の男性で心臓発作を起こした3人に1人が、動脈内の脂肪プラークの堆積が増えたことによる突然死で、血管の破裂や閉塞によって命を落としているそうです。

その原因はセックスによる興奮状態によるものですが、もう一つの原因として考えられるのがストレスだといわれています。

不倫中の男性はストレスが溜まる?

夫婦関係の悪化や日常生活への不満を発散するために不倫に走る男性も少なくありません。

それにも関わらず、不倫をしている事によってストレスが溜まるというのは話が逆のように感じる人もいるでしょう。

ところが実際に不倫をしている男性の多くは、「不倫が妻にバレないだろうか」とか「不倫相手の女性と上手くやっていきたい」などと気を使うあまり、常に緊張感が続いて心臓が圧迫される状態になっているのだそうです。

その結果、不倫相手と一緒に過ごしている最中に心臓発作による事故が多発しているといわれています。

果たして「そこまでして不倫をする意味があるのか?」という疑問も湧いてきますね。

よくよく冷静に考えてみれば、不倫とは失うものが多く得るものが少ない行為である事は明らかなのではないでしょうか。

不倫から抜け出したい方

  • 不倫をやめたい!どうすれば良いの?
  • 不倫から抜け出して、自分が本命になるには?
  • 不倫の悩みを相談できる友人がいない!家族にも言えない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
不倫の悩みを解決したい!幸せになるキッカケが欲しいならこちら

パートナーの不倫を辞めさせたい方はこちら


関連記事