menu

不倫から抜け出す方法

不倫した男が受ける2つの代償「経済的制裁」「社会的信用崩壊」

不倫した男が受ける経済的制裁・社会的信用崩壊

遊びのつもりだった不倫が大きなトラブルになる事があります。

近年ドラマ等により不倫への意識も高まった事で、不倫に対する対処法もインターネットには数多く紹介されています。

そのため不倫された側も簡単には手を引くこともなく、不倫した人間にはこれまで以上の大きな罰が下される傾向にあります。

その結果、不倫後の生活はより一層大変になり、恐ろしい結果を招く事もあります。

今回は、そんな恐ろしい不倫が招く2つの代償を簡単に紹介します。

「不倫をなかなか卒業できない」「不倫をしたいと思っている」「好きになった女性が既婚者だった」等、心当たりがある方は以下の代償を頭にいれ、今後どうしたらいいのかよく考えてください。

不倫の代償1「経済的制裁」

不倫ということは男性女性いずれかに、正式な手続きを交わした配偶者がいるということになります。

その場合、不倫の事実が配偶者に知られてしまうと、不貞行為として慰謝料を請求されます。

慰謝料といっても額に決まりがなく収入面や子供の事、今後の生活状況などをすべて考慮した上で最終的に決定されますが、これはあくまでも裁判離婚になったときだけであって、協議離婚や調停離婚の場合、配偶者が要求する額に一切の決まりはありません。

そのため、数千万円を要求する可能性もゼロではありません。

人によって、不倫という夫の裏切り行為で受ける精神的屈辱に対する代償はまったく異なるため、それくらいの金額を払ってもらっても尚、許さないという妻もいるでしょう。

また、慰謝料とはすでに夫婦関係が悪化していた夫が不倫した場合よりも、不倫することによって円満だった夫婦関係が破綻したという状況のほうが明らかに高くなります。

不倫によって相手の家庭が、その後どうなったのかという点が慰謝料の額決定に大きく左右します。

ダブル不倫の場合は、さらに慰謝料請求に関する問題がややこしくなるため、双方で裁判費用、弁護士費用等が発生し経済面への代償が大きくなることが想定されます。

不倫の代償2「社会的信用崩壊」

男性の場合、その妻の行為によって不倫の事実が会社の上層部に伝わる事もあります。

特に社内不倫の場合は高い確率で妻が会社に乗り込む危険性があります。

妻は夫が誘惑したと考えるのではなく「女のほうが夫を誘惑した」と考えるのが一般的であるため、幸せな家庭を崩壊させたドロボー猫に対する腹いせのつもりで会社に怒鳴り込む行為に出るでしょう。

しかし、それによって社会的信用を失うのは、女性側ではなく男性のほうです。

これまで必死になって積み上げてきたすべての功績が妻の強行手段によって一瞬にして崩壊します。

会社から直接的な罰がなかったとしても不倫のうわさは瞬く間に社内、取引先、関係各位に広まり、男として仕事マンとしての信頼を失い、失脚する事は明らかです。

たった1回の不倫で招く代償はとても大きく、年齢、タイミングによっては「また一からやり直せばいい」というがんばりも効かないこともあります。

不倫から抜け出したい方

  • 不倫をやめたい!どうすれば良いの?
  • 不倫から抜け出して、自分が本命になるには?
  • 不倫の悩みを相談できる友人がいない!家族にも言えない!
そう、お考えのあなたならこちらの記事が役に立ちます。
不倫の悩みを解決したい!幸せになるキッカケが欲しいならこちら

パートナーの不倫を辞めさせたい方はこちら


関連記事